2 women to cry


a memorandum of dj2women
by womenscrossing
プロフィールを見る

南青山五丁目午前十時――真利子と麻美のふたり話し【5】

【第5回】(2012/10/13)

真:ねえねえ、あのさ、ただの主婦であるこの私がさ、いまインディーズのニューウェーブ・スピリットをもって行動するって、どういうことだと思う?
麻:なによ、突然。どうしたのよ。
真:ふとさ、気になったのよ。というより、いきなり湧き上がってきたのよ、焦りが。
麻:だってあなた、きのう今日主婦になったわけじゃないでしょ。なんでいまなのよ。
真:わからないわよー。さいきん80年代の音源をいろいろ聴いてるからかな。それがじわじわ効いてきちゃったのかな。
麻:そもそもインディーズもニューウェーブもとうに死語でしょ。ニューウェーブ・リバイバルだって死語よ。
真:わかってるわよ、それくらい。でもしょうがないじゃん、私たちの若い頃って、そういう時代だったんだから。
麻:でもなんでいまそんな問題意識もたなきゃなんないわけ?
真:なんだろ、このままじゃ私なんにもできずに終わっちゃう感、っていうの?
麻:あなた、そういう自意識だけはあいかわらずね。
真:ええ、そうよ、所詮つまらない自意識よ。あなたと初めて会った高校1年の頃からなんにも進歩してませんわよ。
麻:ほんとね。
真:あなたはさ、なんだかんだいってクリエイティブな仕事してるからそんなこと考えなくていいんでしょ。
麻:別にアーティスト精神なんてかけらもないけどね、いまは。ただ、良くも悪くも、そういう業界に片足突っ込んでることはたしかだから、否定はしないけど。
真:でしょう? あなた贅沢よ。
麻:専業主婦に言われたくないわよ。
真:たしかにね。でもダメ。あなたのほうがいい。
麻:好きにしたら。で、どんな表現とやらをするのよ。
真:それが何にも思い浮かばないから訊いたんじゃないの。やっぱとりあえずお店やるか? ちょっと田舎のほうにでも行って。
麻:いかにも都会のつまらない主婦らしい発想ね。
真:そうね。
麻:ジン作ったら?
真:それも考えた。でもこれっていうアイデアがない。
麻:ニューウェーブなこと考えなさいよ。インディーズっぽく。
真:無理よ! なにそれ。
麻:あんたが言ったんじゃないの。
真:もうさ、こうなったらさ、とことんバカみたいな主婦やるか。近所の主婦トモ巻き込んで。
麻:それやんなさいよ、それニューウェーブよ。インディーズよ。
真:そうか。それか。
麻:そう。で、誰かの家で、売りもしない手芸作品とか、詩を手書きで書いてコピーして綴じたやつとか、そんなもんばっか作って、プレゼントしあうの。全部ダンナに内緒で。
真:それすごい! とんがってる。かっこいい。
麻:どう? 満足?
真:まあ、やってみたら絶対うまくいかないだろうけど、それいくわ。
麻:いいのよ、ダメならやめれば。そんなもんでしょ。
真:そんなもんね。そうそう。▲
[PR]
by womenscrossing | 2012-10-13 23:49 | [連載]南青山五丁目午前十時

「丹阿弥谷津子さん」(1952年『アサヒグラフ』記事)

■丹阿弥谷津子さん(27*)
東京生れ 都立第十高女卒後 文化学院文学部に籍をおく傍 文学座研究生となる 初放送はその直後「ラジオ・ドラマ」女中の役でセリフ五つ その頃は動作が伴わないとセリフがでないので台本を手放し「プロデューサーをあわてさせた」民間放送発足以来 あちこちに引つぱり出され 平均週五回という活躍「名前が印象的なので 沢山でてるように思われるが実はそれ程でもない」現在「エンゼル・クイズ」(ラジオ東京)「天の夕顔」(文化放送)に毎週出演の外ドラマにも度々でている 初めはアルバイトの気持でやつていたが今はラジオなりの技巧に興味をもち 舞台の勉強にもなるので「大いにいそしんでいる」ラジオだと艶つぽい声を出すといわれるのはマイクでは声をおとすので落着いた声に聞えるのと 舞台では「その童顔ゆえに」中々艶つぽい役を与えられないことによる お婆さんの声をだした時は 自分できいていて さすがに面映ゆかつた由▲

出典:『アサヒグラフ』1952年9月17日号,25頁《告知板 新進ラジオ・スター》

* この時点(1952年9月17日)では正確には28歳。
[PR]
by womenscrossing | 2012-10-10 22:40 | 丹阿弥谷津子さん

「南美江さん」(1952年『アサヒグラフ』記事)

■南 美江さん(36)
広島生れの横浜育ち 神奈川県立高女卒業後「好きなことを ただで習える所」という意味から宝塚を志望「美人ではないが 背が高いので男役に」というので見事合格 芸名は美空暁子 昭和十六年戦争たけなわとなるに及び 夢心地のレビューが消えて 役といえば出征したり戦死したりするばかり「愛想がつきて」翌年文学座に身を投じた 以来「下手の横好きが」いつのまにやら新劇俳優に転向してしまつた 放送の方は前からポツリポツリと出ていたが 売出したのはラジオ東京 朝の番組「チャッカリ夫人 ウッカリ夫人」のチャッカリさんの役 舞台に出ても「毒薬と老嬢」のような喜劇的性格が性に合うとみえ「自分ではそうは思わないが」三枚目の役柄がチャッカリ夫人にピッたりとしているようだ だが「偶然番組として当つたので わたしの巧さではない」という 一に舞台 二に映画 三に放送だが「セリフに癖がある為ラジオが一番難しい」▲

出典:『アサヒグラフ』1952年9月17日号,24頁《告知板 新進ラジオ・スター》
[PR]
by womenscrossing | 2012-10-10 22:39 | メモ

女性たちの少子晩婚化と労働者たちの労働力売り渋りを支える条件は……

 女性たちの少子晩婚化と労働者たちの労働力売り渋りを支える条件は、自分の利害についてクールに考える知性である。自分の利害を冷静に抽出すること、つまり結婚や出産や育児を没価値化し労働量に換算すること、また、労働力をダルく売り渋るためには社会保障が不可欠であると理解すること、このクールな理解が、資本と行政にとって最大の敵になっていくだろう。(矢部・山の手 2001:69*)

*矢部史郎・山の手緑 2001 『無産大衆真髄』,河出書房新社
[PR]
by womenscrossing | 2012-10-05 22:49 | メモ

Cyndi Lauper & Patti Labelle Time After Time 1985


[PR]
by womenscrossing | 2012-10-04 00:47 | メモ