2 women to cry


a memorandum of dj2women
by womenscrossing
プロフィールを見る

Nathalie Granger [1972]


[PR]
by womenscrossing | 2012-02-17 00:26 | メモ

Duelle (une quarantaine) [1976]


[PR]
by womenscrossing | 2012-02-16 17:47 | メモ

浪花千栄子さんの人生の転機についての自己分析

◆浪花千栄子『水のように』(六芸書房/1965)pp.66-68より
 私は、ここまでは、人にあっちへ行け、と言われればそのようにし、人にこっちへ来いと言われれば、言われるとおりに動いて、まるで自己というものを持っていないようでありました。しかし、これはいたしかたのないことでもあり、またそうすることが実は私の自己形成の道でもあったのでしょう。[……]
 富田林の、あの材木屋さんを出て、京都へと志したとき、そこには何かが待っているように思えたと申しましたが、待ってはいませんでした。
 これ!と直感して、私のほうから押しかけていきました。一言で言うならば、これまでは、私はすべて他動的に生きてきました。しかし、その日から私は積極的に自動的に生きることにいたしました。不幸な結婚がはじまって、それが終局を迎えるまでは、再び他動的にはなりましたが。ということは、あくまでも水のように、私という人間は、方円の器に、なんの抵抗もなくしたがえるということです。
 流れるとも見えぬ、私という泥水は、たとえあるとき、よどんでくさって、メタンガスが発生しそうなときでも、じっとしていました。
 どうにもがまんのならないような場合でも、自分から新しい方向へ流れ出ようとはしませんでした。
 これが、それまでの私の生き方でしたが、映画女優を志したことは、私の生き方を変化させるでしょうか。積極的に生きるということは、考え方が変化しただけで、根本の生き方には、少しの変化もないのではないか、と思います。
 とにかく、こんどは、自ら求めて、それこそ昨日までは考えてもみなかった新しい方向で、自分の可能性を自ら大いにためしてみることにしたのでございます。

[PR]
by womenscrossing | 2012-02-13 20:08 | メモ