2 women to cry


a memorandum of dj2women
by womenscrossing
プロフィールを見る

南青山五丁目午前十時――真利子と麻美のふたり話し【17】

【第17回】(2016/08/18)

麻:うわー、予想以上の汗! マンガみたい(笑)。
真:はい、ただいま日課完了。
麻:もう外苑西通りスプリントのスペシャリストね。
真:今日は東通りもセットで。
麻:ひゃー、最上級の試練ね。
真:だってこれくらい灼熱じゃないとね、挑みがいがないから。
麻:まあ、中途半端なぬるい暑さがキライなあなたと私の価値観なら、そうなるわよね。このぱきっとした条件をピンポイントで捉えて。
真:たまにはちょっと無理もしとかないと、カラダが甘えちゃうからね。
麻:ストイック(笑)。でも案の定、メイク全部落ちてるよ。
真:最初からすっぴんよ。
麻:えー、さすが。
真:だって支障ないでしょ。
麻:まあね。いまこのカフェですっぴんなのは間違いなくあなただけだと思うけど。
真:ネイティブだからいいのよ!
麻:もちろん。
真:あなたは初日しか来てくれないわね。
麻:別に、忙しいわけじゃないんだけど、なんとなく、一人のほうがいいのかなと思って。
真:やっぱりわかってた。実は、一人のほうが自分のペースで動けていい。
麻:でもたまには来てよ、でしょ?
真:そのとおり。
麻:じゃあ、37℃くらいのときに行くわよ、ふらっと(笑)。
真:あー、それ大歓迎ね。
麻:そういえば、外苑前の角に新しくできたジェラート屋、行った?
真:行った。でもあれね、灼熱のなか疾走してきて、冷房が効いた店でジェラートって、なんかちがうんだよね。
麻:そう言うと思った。やっぱり今日もホットのハーブティーだもんね。
真:いくら味がよくても、そう感じちゃった瞬間に冷めちゃう。
麻:そうね。じゃあ私は仕事のあいまに行ってみるわ。
真:それなら楽しめるかも。わたし的には可もなく不可もなくな感じ。
麻:まあ、いまあのへんにできる新しい店なんて、そんなもんでしょ。
真:そうよねー。この店には長持ちしてもらわないと。
麻:あ、そうそう、5年前くらいにあなたに紹介したあの辻堂のカフェね、こないだ閉めたんだって。
真:そうか、わたし結局1回しか行かなかったな。
麻:んー、そうね、あなたがそんなにハマる感じじゃなかったね。
真:そういう店多いのよー、私(笑)。
麻:わかってる(笑)。でもそれいい性格だよ、何度も言ってるけど。
真:でしょー(笑)。あ、そろそろシャワー浴びに帰らないと。またね。
[PR]
by womenscrossing | 2016-08-18 23:03 | [連載]南青山五丁目午前十時