2 women to cry


a memorandum of dj2women
by womenscrossing
プロフィールを見る

南青山五丁目午前十時――真利子と麻美のふたり話し【8】

【第8回】(2013/09/30)

麻:ああ、気持ちいい、澄んだ秋の夜風。
真:昼もいいけど、夜の神宮外苑は本当に落ち着けるよね。
麻:ぐっとディープに。
真:そう。でもからっとしてて。さっぱりしてて。
麻:ぱきっとしてる。
真:うん、明暗のコントラストがね。それがいい。
麻:あれ、どこの光線かな。神宮球場?
真:えー、今日試合はないでしょ。こんなに人がいないんだから。
麻:そうか。じゃあわかんないな。でもきれいだね。
真:「カクテル光線」っていい言葉だよね。
麻:ねー、夢がある。
真:ムードがある。
麻:都会、ってかんじね。
真:都会育ちの私たちがこんなこと言ってちゃダメだよね、本来は(笑)。
麻:いいじゃんいいじゃん、たまには素直に、さ。
真:あ、いまの車……。
麻:どうしたの?
真:ずーっと昔、ちょっと気になった人が乗ってた車と同じだったかも。
麻:外国のクラシックカーね。
真:そう、私、クルマ音痴だから車種とか全然わからないんだけど。ひょっとしたら、見間違えかもしれない。
麻:その人の車、乗ったの?
真:ううん。そういうお付き合いはしなかった。ただね、おぼろげな記憶なんだけど、休日に神宮外苑を散歩してたら、その人がその車を脇に寄せて、声をかけてきたことを思い出した。
麻:ナンパ?
真:ちがうちがう。たしか友だちの個展の会場かなにかで一度紹介されて。芸大を出て、デザインの仕事を始めたって言ってたかな。それで、外苑をドライブしてたら、偶然私を見つけたんだって言って。
麻:それなら、そこで乗ってあげればよかったのに。
真:いま思えばそうなんだけど、若い頃は変につっぱった意識があったから、そんなかんたんに男の車に乗るかって思ってたんじゃないかな。でもね、その人たしか、「乗ったら?」とか誘ってこなかった気がするんだ。
麻:ふーん。
真:うん、そうだ。「偶然ですね」「気持ちいいですね」「僕もここ好きなんです」なんて話だけして「じゃあまた」ってすぐ行っちゃった気がする。それで私、おもしろい人だな、話してて気持ちのいい人だな、って思ったこと、いま思い出した。
麻:で、その人とはそれから会ったの?
真:ううん、それが、それっきり。またどこかで会うだろう、って思ってたら、もうそれっきり会うことなかったの。
麻:へえー。それ、いまのダンナと出会う前の話?
真:そうね、出会うほんのちょっと前。
麻:そうかー。でもそれ、すてきな関係だね。
真:うん。恋ともいえないし、でもなんだかうれしい気分になる、いい思い出。
麻:結婚前の、最後のミラクルだったのかな。
真:あとからこじつければね(笑)。
麻:なんかさ、この歳になると、そういう思い出が、これ以上なく愛おしい、大切な、美しいものに思えてくるよね。
真:そう、それが歳をとってよかったなー、って実感すること。
麻:きっとその男の人も、同じように思ってるよ。
真:そうだといいね。
麻:ねえ、さっきの車、その人だったんじゃないの?
真:やめてよー、もう(笑)。
麻:あはは。こんないい夜にはさ、何が起こるかわからない。
真:でもその思い出を思い出しただけで十分。それだけでミラクル。
麻:そうだね。♪カクテル光線に酔いしれてミラクル~。
真:なにそれ? 誰の歌?
麻:私がいま作った!
真:ばっかみたいー(笑)。もう……、なんかお腹すいた!
麻:よし、バー行ってカクテル飲んでピザでも食べるか!
真:えー、そんながっつりいかない。カフェでケーキ。
麻:はいはい。おとなしくそうしましょ。
真:甘いもの食べたいのよ。……甘い思い出とは関係ないわよ!(笑)
麻:ちょっとー、私、クリエイターですから、そんな陳腐な発想しません!
真:なによ、えらそうに!
麻:ほらほら、急がないとラストオーダーになっちゃうわよ。
[PR]
by womenscrossing | 2013-09-30 22:30 | [連載]南青山五丁目午前十時