2 women to cry


a memorandum of dj2women
by womenscrossing
プロフィールを見る

南青山五丁目午前十時――真利子と麻美のふたり話し【7】

【第7回】(2013/02/07)

麻:ねえ、どうしたのよ、月曜日の午前中に呼び出すなんて。珍しいわね。
真:忙しいところ悪いわね。
麻:べつに、大丈夫だけど。なにかあったの?
真:ちょっとね。あ、注文したら?
麻:そうねー、せっかくこのカフェ来たんだし、ブランチっぽくいこうかな。カフェオレと、クロックムッシュね。
真:いいわねー、元気ね。
麻:どうしたのよ。あら、あなた、紅茶だけなの? 珍しいじゃない。いつもスコーンくらいはつけるのに。
真:うん。紅茶もね、ミルク入れてないのよ。もちろん砂糖も。
麻:ほんとだ。なになに、なにがあったのよ。
真:なにもないのよ。だからなの。
麻:ちっともわからないわ。
真:だからね、自分の、なにもなさ加減がイヤになったのよ。
麻:なーんだ、いつもの「主婦症候群」かー。
真:ちがう! 今回はそんなんじゃないの。もっと切実なんだから。
麻:いつだって切実そうだったわよ、あなた。
真:たしかにいままでも切実だった。でもね、もう本当にだめ。
麻:それで、なにするのよ? フランス語でも習うの?
真:そんなんじゃだめ。そんなんじゃごまかせない。
麻:こないだ言ってた、主婦トモとサークル運動やるのはどうなったのよ? 楽しいって言ってたじゃない。
真:あれは楽しい。いいペースでやれてるし、これからもやれると思う。
麻:じゃあいいじゃない。
真:でもさ、やっぱり私のなかにある焦燥感は、それだけじゃ解消されないわけよ。
麻:うーん。
真:なんかさ、どうしても、ストイックさが足りないんだよね。一生をなにかにつぎ込む感覚というかさ。
麻:そんなの、ふつうはないわよ。
真:でもあなたはあるでしょ?
麻:私の場合は、どこかで「しごと」と思ってやってるところがあるから。そんな純粋な情熱とは言い切れないわね。
真:それでも十分よ。
麻:仕事をもちたいわけ?
真:そういうわけじゃない。
麻:そうよね、あなたは基本、インディーズ精神だから。
真:でもそれに甘えちゃうのよ、私。たぶん。
麻:なるほど。
真:本当のインディーズ精神ってそういうものじゃないはずなのに。
麻:わかるわかる。
真:だからね……。あ、食べなさいよ。
麻:うんうん。冷ましてるだけ。
真:もったいなーい。私なんか、口のなかヤケドするくらいの熱いの食べないと、損した気分になるけどなー。
麻:その気持ちはわかるけど、私は少し待って適温で安心していただくわね。
真:あー、わかった。この差だよ、このちがい。
麻:どういうこと?
真:私はさ、気ばかり焦って、すぐに何かおいしいものにかじりついたり、こういうふうに、ふだんとちがうシンプルな紅茶の飲みかたしたりとかするけど、結局それって自分のためになってないじゃん、みたいな。
麻:あ、なるほど、紅茶がストレートで何も食べてないのはそういうことだったわけね(笑)。
真:気づいてよ!
麻:無理よ(笑)。
真:まあとにかくそういうことよ。反対に、あなたは冷静に落ち着いて目の前の仕事に取り組める。
麻:んー、そういうことかな?
真:そうよ。やっぱりうらやましい。
麻:でもさー、かじりついて口のなかヤケドするくらいのほうがおもしろいよ。
真:おもしろくないよ。そっから先がないんだから。
麻:もちろんさ、そっから先は自分で作らなきゃだめだと思うよ。私みたいなのは、それがめんどうだから、目の前のことに冷静に向き合っちゃうのかも。だから、ストイックさみたいな話でいったら、私のほうがよっぽど後方にいるわけよ。
真:そうかー? なんかはぐらかされてるような気がするよ。……おいしい?
麻:うん。おいしいおいしい。なかなか食べないもんねー、クロックムッシュ。こういうところで平日の午前中にいただくなんて、いいわねー。楽しい。
真:もう、自分ばっかりエンジョイして。
麻:なんで怒られなきゃいけないのよ、呼び出されておいて(笑)。
真:じゃあねー、私だってスコーン食べるわよ。
麻:食べなさいよ。
真:すみませーん。スコーン追加。
麻:で、問題は解決したの?
真:わかんないわよ、そんなの。
[PR]
by womenscrossing | 2013-02-06 23:59 | [連載]南青山五丁目午前十時